読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木ニ竹ヲ接グ

思いの丈を適当に書き殴る。

【驚愕?の】病院に行って来た【事実】

 ごきげんよう、倉永です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 都内のチェーン店化した某Yクリニックに夏から通い始めて、なかなか診断を下してくれない&先生の態度に恐怖を覚えて転院したというのが前回までのあらすじw

 ちなみにここ、診断時間は10分しかない。

 そんな恐怖状態で話ができるかー!←小心者なので時間制限されると無理

 

 本日、転院先に行って、産まれてからこちらの生育歴を話し、正式に診断がくだされました。

 

 診断名を書こうかと思ったけど、勇気がないので止めておきます←思わせぶり

 

 

 前のエントリーで疑いAだと思うけど、調べたら疑いBの方が濃厚だと言ったけど、診断結果によると。

 

 疑いBの上に疑いAが乗っかっていた \(^O^)/

 

 いやまあ、薄々勘付いていたんだよ。

 私もだけど、うちの母がまさしく疑いBなんだよ……。

 これ、遺伝性だからこえええええ。

 

 ちなみに、疑いBの人、少ないのです……。

 しかも、男性がほとんどと言われています。

 が、研究が進んで、女性もいるけど男性と症状が違うんじゃね? という話です。

 でまあ、性差の違いを見ると、思いっきり私、こっちなのです。

 あーあ……。

 

 疑いAには効く薬があるんだけど、疑いBには薬がないという。

 でもまあ、疑いAがあるから、とりあえず効く薬出してみるねー、という話になりました orz

 

 ぉぅぃぇぃ。

 

 とりあえず、薬は明日から飲むことにした。

 

 しばらく頭ぽーんっと飛んでいるかもしれないけれど、まあ、電撃……間に合えばいいな……←気にするところはそこかよ!

 

 自分では産まれてからずっとこれだから他の人もそうだと思っていたけれど、感覚過敏が強いらしく、人との物理的接触が苦手……。

 匂いにも敏感だし、これって疑いBのせいだったのか。

 

 記憶の仕方もおかしいらしく、試験10分前に教科書の一部分を切り取って(この時点でおかしい)覚えておけるのよね。

 なので、試験前に山をかけて教科書を覚えておいて、ばっちり当たれば点数がよかったという←勉強しろや

 そっか、これも疑いBの症状なのかぁ。←おかしいと気がつけよ

 なので、数学など覚えておいて、それを応用するというのは超苦手ですw

 

 ちなみにこの特性、仕事ではすごく役に立ちます!←どこになにが書かれているか覚えているから(これもどうやらおかしいようだ)

※しかし欠点があって、興味を強く持たないと覚えられないw

 

 しかし、この年齢でそう診断を下されても、なんというか、うん、残念だね……としか。

 今まで自分なりに工夫して来たから、どうにかこれたんだけど、そろそろ楽になりたい(とはいえ、この特性は日本の社会ではそれは激しいほど苦しいハンディキャップでしかないという)。

 

 とりあえず、最後に。

 

 コミュ障、ばんざい \(^O^)/