読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木ニ竹ヲ接グ

思いの丈を適当に書き殴る。

黒歴史フォルダ

雑記

 漁れば漁るほど出てくるという不思議。
 それだけ書いているってことだよね。










 どうせ恥ずかしい物を公開プレイしているのだから、よっぽどひどいもの以外は大放出してやろうと思いまして、手直しして蔵出ししようと思います。

 まあ、ムーンばかりですけどね!



 その中に書けないと言っていたおんぞーしものがありました。
 ……ところであれって御曹司か?
 短編だったので、あんまり設定を考えないで書いたので、設定書を見ても分からないだろうなあ。
 この話はもともと何年前だったかなあ。2012年だから2年前だな。
 公募に意欲的??な時期に書いたものです。

 しかしさこれ、どう考えても一次通らないよな。
 設定、暗すぎる。
 しかもラストもねえ?

 分かっていて書いたんだけど、書いている私は楽しかったです。
 特に溶接のあたり(をい)。

 お話としては綺麗にまとまっていると思いますが、なにぶん、これってハッピーエンドなの? と悩んでしまう内容なのですよ。
 ラノベなんだけど、似非純文学風にしましたって感じです。

 思えばこういうのが好きなんですよねぇ。
 ……書くのは。

 ちなみに読むのは違いますよ。

 最近、気がついたのですよ。
 女の子が嫌だ嫌だと本気で嫌がってるのに、男が「気持ちいいだろう、ああん?」とやって恥ずかしがらせるのがすごく苦手だということに。
 それまで楽しく読んでいても、そういうのが出てきたら読む気がなくなるという。
 元からあまりストライクゾーンは広くないのですが、色々読んでいて気がついてきたかも。

 とまあ、そんな感じで自分好みの話は自分で書くのが一番だよね、と。

 ちなみに誤解されると嫌だから弁解しておくけど、書いているのが全部、自分の願望だとか好みだとか趣向と思わないでくださいね!
 私はいたってノーマルです!