読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木ニ竹ヲ接グ

思いの丈を適当に書き殴る。

七夕なので

 ごきげんよう、倉永です。
 今日、7月7日は確か文緒の誕生日という設定にしていたは……ず。
(確認してきた)

 はい、7月7日が誕生日です!

 ということで、と強引に話をすすめます!

 最近、遊んでいるゲームでキャラメイクして遊びました。
 文緒はまだ作ってませんが、睦貴を作ってみたのでw
 イメージが壊れるかもしれないので、ばっちこーい! な人以外はブラウザバックするか閉じてください。


ブレイドアンドソウルのロゴ】

 最近、はまっているゲームのロゴ。

 ちょっと空けますよー。
 いいですかー。








【パンツ一枚で寝てるのですか……?】

 キャラメイクしてゲームが始まってすぐの場面。
 パンツ一丁。
 ぱんいち。

 体型が少年っぽくなってしまったので、高校生くらいの睦貴ということで。
 32歳の睦貴ってのが想像つきませんでしたw





【美少年……?】

 はい、正面から。
 門徒の服を着てムイル峰(初期舞台)で記念撮影。
 こんな感じでゲーム画面、かなり綺麗です。

 儚げな少年で、女装が似合う顔でなよっとしているキャラメイクにしてみた。
 たぶんこんな感じ。

【ばーん】

 ゲームをすすめるとゲット出来る(選択制なのでこれか別の服だけど)服その一でふざけたポーズを取ってみた。
 
 武林の服でやればよかったな……(私はもうひとつの服が好きなのにSS撮り忘れた!)。

【秋風の衣(赤バージョン)】

 顔のアップで。
 ちょっと濃い目になったかなあ?
 野郎のキャラメイクはしていると段々恥ずかしくなってくるのはなんでだろう(実は一度断念しているw)。

【すみませーん】

 色んなポーズが用意されていて、これはごめんなさいだったかな?
 睦貴の情けなさがよく表れていて実は好きだったりするw

【ガッツポーズ】

 意外性のあるポーズで。
 こんなに熱くなる睦貴って想像がつかない。

【師匠】

 ストーリーは真面目です。
 師匠がやられて助けに走った場面。
 上手くSS撮れなかった……!



 サービス開始して2か月経たないんだけど、すでに過疎ってますw
 ゲーム画面はきれいなんだけどねー。
 話が暗いし、陰惨だし、ストーリーは簡単に終わるし、そりゃ過疎るわw

 しかもPvP(プレイヤーvsプレイヤー、要するに対戦)が主要コンテンツらしいんだけど、私はどうにも苦手でデイリークエをちまちまやって次のアップに向けてお金を貯めているところですw

 課金切れたらどうしようかなあ。

























 よし、ここから愚痴。
 さらにあけるよ。






























 これくらいあけたらいいかな。

 色々と環境がまたもや変わりまして、なんというか落ち着かなくて大変です。
 執筆時間もあんまり取れなくて(家に帰るとゲームして遊ぶからなあw)、なかなか書けていません。

 あとはまあ、仕方がないんだけど(こっちからコメントをシャットアウトしているような形になっているからw)反応がないのが読者の答えなのだろうなと思って書きたくなるまで少しお休みしようかと思っています。
 ネタは思いつくのですよ。
 だけどそれをきちんとした形に設定して、文字に書き起こせない。
 結局のところ、闇雲に書いてもつまらないものしか書けなくて、反応が悪くて自分のモチベーションが落ちるから、悪循環だなあ、と。

 書くのが楽しかった時はもう戻って来ない。
 とか超ネガティブなことを書いてしまうくらい、ちょっと今、書けないです。

 めぼしい人たちはみんな書籍化されてしまって、その中でまだ残っている私は書く価値もないんだな……と思うとその時間を他のことに当てたいと思ったり。
 書くとしても自分一人で楽しもうだとか。

 とはいえ、たぶん私のことだからだれかに読んでほしくてどこかにアップしそうだけど、ぽつんと取り残された気分で淋しいというのが正直なところ。

 孤独に耐えられない……!
 一人が好きだけど、独りは嫌!←超わがまま

 ということで、別に慰めてほしいだとか、かまってほしいわけじゃないよ?←ここまで書いておいてなに言ってるのw

 うーん、なんといえばいいのでしょうかね。

 ……おっぱい\(^O^)/

 あー、やめやめ。
 馬鹿らしくなった。

 好き勝手書くからみなさまも好き勝手読んでください。

 とりあえず、連載している作品を超のろのろだけど書いてきちんと完結させろ、と。

 書きたいのに書けなくて苦しんでいるのもあるんです。
 また書きたくなったら書くから!
 そんなこんなで、終わり!

 とりあえず少し吐き出してすっきりした!