読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木ニ竹ヲ接グ

思いの丈を適当に書き殴る。

うほっ

 ごきげんよう、倉永です。





 うはははは、たまたまだけど自分が通っていた中学・高校をネタにした小説を発見してしまった。

 いやあ、まだあれって健在なんだ。
 ぜーんぶあてはまるよ!

 こんだけ符号が一致するってことは、アソコしかないな。

 ふはははは!



 と愉快になりました。



 さて。
 『愛から始まる物語』ですが、三話目の改稿がとりあえず終わりました。

 意味深に引っ張りまくる睦貴の過去。
 改稿前の話を読めば分かるけど、無意味に引っ張ってみた。

 あんまりじらすのは好きではないんだけど、話をぶったぎるからなあ、あれ。

 そして次は過去話にするか、親父に会いに行く話にするか、悩んでいたり。

 流れ的には父親に会いに行く話の後に過去話かなあ。

 それか解体して話に組み込むか。
 うーん、それでもいいかなあ。
 長くなりそうだけど。

 と悩んでます。

 『俺さま☆執事』は胸くそ悪い話だからさくっとなかったことにしてもいい。
 あと、理由があってサブタイトルを使いたくないんだよ。

 となると……話を組み込むか。
 改稿版だからね。
 改稿版だからとやりたい放題、改稿してます(*´艸`*)

 『執事』は数話ほど書き直したけど、没だ没!
 とはいえ、深町とのやりとりの部分、どこかで使いたいなあ。

 あと、この話を端折ると黒歴史フォルダに入っている『フタツ星』の話と実は繋がってるってのが分からなくなるかなあ。

 たぶんそれに気がついている人はいないはずなので、いいということにしよう!

 まあ、そんなこんなで『一歩進んで二歩下がる』と遅々とした歩みですが、頑張っていこうと思いますです。